手首の痛み治療の専門サイト

腱鞘炎の手首でお困りの方に、手、親指の付け根の痛みを解消する整体

腱鞘炎、手首の痛み、親指の付け根の痛みに。



 腱鞘炎!?でも、なかなかスッキリしない手首の痛みはお任せ下さい


大阪の腱鞘炎治療法の先駆者
親指の付け根・手首の痛みなど、原因ポイントを知って焦らず、ジンワリとケアするだけ。腱鞘炎と言われた痛みも、みるみる和らぐことに驚かれるでしょう。

初めまして。アステル心身調律院の山下です。
整体療法を駆使して、痛みでお悩みの方が少しでも楽になって頂けるよう、心を込めて施術にあたらせて頂いております。


当院は手首や親指の痛み、肘・指の痛み解決のために、県外からもお越し頂くことが多い整体院です。お仕事や弦楽器で痛めた方、テニスやゴルフなどのスポーツで痛めた方、何も思い当たるキッカケは無いのに痛い方など、数多くの痛みに対応しています。

インターネット限定のサービスも実施していますので、それも合わせると年間1000名以上の方をサポートさせて頂いております。


このサイトでは、痛み解消整体のポイントについてもお伝えしていきます。
病院では腱鞘炎と言われ、慢性的にお悩みの方にも、きっと解決のお役に立つことが出来るはずです。

私自身の経歴に関してはご挨拶ページに記載いたしましたので、お時間あるときにご覧下さい。


手首・肘・指・足首・腱鞘炎?
その痛みの原因は、こちら側にあります

痛みを悪化させないためにも、「腱鞘炎などで手首に痛みがある時は、出来るだけ手や手首を動かさないよう安静に過ごすことが望ましい」と、一般的には言われています。

しかし、そうは言っても仕事もあるし、やりたいことだってたくさんある。

腱鞘炎にしろ何にしろ、手や手首を動かさないように生活する事なんて、なかなか出来ることではないですよね。それに、そんな生活を続けていたらストレスも溜まって、余計に痛みが長引いてしまうことだってありますよね。

画像

そこで、そんなお悩みの方に朗報です!



腱鞘炎に限らず、実はこういった悪循環で痛みが長引いているときは、痛みの引き金となっている「筋肉」を見つけ出し、その筋肉の緊張をゆるめてあげることで、即効的に痛みから解放されることがあるのです。

どういうことかと言いますと、例えば、手首や親指の付け根などの痛みの場合、手の平や腕、ヒジ、肩にある筋肉の緊張が連動して、結果的に一番負担のかかる手首や指に「痛み」として現れている傾向にあるということです。


痛みや腱鞘炎など、その状態をかばうがゆえ、無意識のうちに手首や腕の使い方のバランスが崩れ、それがさらに痛みを増幅させたり、治りにくくなるという「悪循環」に陥っていたりします。

ですので、まずは痛い部分ばかりに着目するのではなく、その痛みをシグナルと受け止めて、そのシグナルをヒントに、痛みの引き金となる筋肉を見つけだしましょう。

痛みの引き金となる筋肉を見つけ問題が改善されることで、そのぶん早く痛みや腱鞘炎の解消につながるはずです。


お医者さんもお手上げ、慢性的な手首・肘・親指の痛み

まずは、当院で良くなられた方々の回復症例をご覧下さい。


育児中、抱っこで痛めた手首が病院や鍼治療では全く効果が無かったのに、わずか1回の施術で痛さを感じることなく自分の髪をくくる動作ができるようになった。(34歳/女性)


趣味で始めたバイオリンの練習で無理をしてしまい、人差し指を痛めた。しかし、1回の施術で楽に弦を押さえられるようになった。(57歳/男性)


病院ではテニスエルボー(テニス肘)と言われた治療も良くなる気配はなかったが、胸部の調整と指先の調整で楽に肘を曲げられるようになった。(36歳/男性)


妻の育児をサポートしようと赤ちゃんを一生懸命抱っこしていたら手首が酷く痛むようになった。しかし、ほんの1分、腕の調整をしたところ全く痛くなくなった。(不明/男性)


弦楽器で痛めた指・肘の慢性痛が、回数を重ねる事に消えた。(52歳/女性)


仕事上どうしても手を酷使するため、親指や手首の痛みで長年悩まされていたが、3回の施術で痛みを忘れられるほど楽になった(50歳/男性)


伝統打楽器を生業としていたが手首の痛みで全く叩けなくなった。しかし、数回の施術で痛みが気にならなくなり、その後は少しずつ練習できるまでになった(79歳/女性)


病院では手術しかないと言われた手首の痛みも、今ではどのくらい痛かったのかさえ思い出せないほど楽になり、無理して手術に踏み切らないで良かったと感じている(46歳/男性)


就職活動のストレスでいつのまにか親指の付け根が痛くなり、手首が動かせなくなる。しかし、ストレスと体の関係をアドバイスしリラックスして施術をすることで痛みに対して前向きになり楽になった。(21歳/女性)



いかがでしたでしょうか。

結果や効果には個人差がありますが、様々な回復報告がございますので、中にはあなたと同じような痛みの方もいらしたかもしれませんね。

しかも、これらの症例は、何十回、何百回と施術所に通い続けた結果ではありません。多くの場合、わずか数回の通院で成果が出てくることが多いです。また、そうなるように心がけて施術させて頂いております。


大半の人は様々な病院・治療院を巡りに巡って、やっと当院にたどり着かれることが多いです。
私はそれはそれで良いと思っています。まずは徹底的に病院で見てもらい、ご自身が納得するまで医学的治療を受けることが大切ですから。それで良くなれば万々歳です。

ただ、病院では腱鞘炎と言われるものの、手首や親指の付け根の痛みはなかなか決め手がなかったりすることが多いです。時には「手術しかない」とか「手を動かさないように」と、現実的に難しいアドバイスをされたり、手術といっても結果は保証できないような言い方をされることもあるようです。それでは余りに厳しい選択ですよね。

ではなぜ腱鞘炎と言われ、なかなか良くならなかった方も当院の施術で楽になることができたのでしょう。どんな治療もすぐには良くならなかったのに、たった数回の施術で痛みが消えたのは、なぜでしょう。

それは、「痛いところだけを見ない」からです。


例えば、手首が痛いはずなのに、肩や腕、そして肘などの緊張をほぐすことで痛みが取れたり、痛い部分とは全く関係ないようなところを調整しただけで痛みが取れる。

なんとも魔法にかかったような、不思議な体験談に聞こえると思います。

しかし、決してトリックでも魔法でもないのです。

腱鞘炎と言われた方でも、慢性的痛の場合、ある要点を掴むことが出来れば意外とカンタンに痛みは解決していくことが多いのです。


そこで思い出してみてください。

例えば、その痛み以外にも、肩が凝ったり、腕がだるかったりといった、連鎖的な症状を感じたことはないでしょうか?特に酷い人の場合は、シビレを起こしている場合もあるかもしれません。

これが、あなた様のその痛みに関係する、一つの引き金を現していたりします。

もちろん、そういった連鎖的に起こる随伴症状を感じない場合もありますが、そのようなときでも自らで探っていくことで、慢性痛の「引き金」になっている原因筋を見つけることが出来ます。


痛む場所以外を触ってあげると痛みが消えるって信じられますか?

腱鞘炎と手首の痛みのヒアリング

初めて受けられる方の場合、当院では整体に入る前に色々と痛みの確認をして状態をお伺いいたします。どの動作で痛むのか、または痛まないのかを確認していきます。

どんな動きで手首や親指の付け根が痛むかを知るということは、痛い動きをした場合に、どの筋肉が引っ張られ、どの筋肉が痛んでいるのかというポイントを浮き上がらせることにつながるのです。

引っ張られたり、力が入ると痛むということは、その筋肉が異常に収縮していたり、緊張していたり、凝り固まっているということを現すのです。

それがわかれば、あとは、その筋肉をほぐしてあげて、正常な状態に戻してあげるだけなのです。今まで痛みに影響を与えていた筋肉の異常な突っ張りが解消されれば、もう痛みの出る意味はなくなります。あとは自然と痛みは消えていくだけなのです。


多くの経験と実績がありますので、最近では確認作業も数秒で終わってしまうこともありますが、その短い時間でその人の色々な情報を見極めていきます。

大きな特徴としては「動かしてもらいながら」確認をし施術をおこなうということが特徴です。


なぜ「動かしながら」が大切なのか?

それは、人間は動く生き物であり、痛みを感じるのも動きの中で特に強く感じることが大半だからです。

でもよく思い出してみて下さい。

病院では、静止した状態でレントゲンを撮るだけだったり、先生は痛いという場所をチョロっと見て「はい、腱鞘炎です」みたいな感じになっていませんでしたか?

痛みが腰にあると「はい、坐骨神経痛です」。それが手や指だと「腱鞘炎です」みたいに、ある意味決まり文句的な診断が多いような気がするのは気のせいでしょうか。

どう痛いのか?を見るのではなく、それがただ単に、痛む部位によって既に決められた名前を付けているだけだったとしたら、それではなかなか痛みの本質には迫れないと思うのです。

手首の治療中だからこそ、どの動きで痛いのか?どうしたら痛いのか?または痛くないのか?を確認しながら作業を進めていくわけです。こうすることで、患者さんの動きに連動し、関わりが強い場所が自然と見えてくるわけです。

だから、必然的に痛かった場所以外のところに、本当の原因が見つかる場合が多いわけです。

こうした痛みの原因は筋肉の緊張が主なので、その緊張を解きほぐすことで楽になるという自然な作業を、ただ淡々とこなしていくことで、より早く、より無理なく楽になりやすいというわけです。

ただし、忘れてはいけないのは、「痛みは習慣性のもの」だということです。

回復事例としてあげられた症例は本当に少ない回数で楽になったように思われたかもしれませんが、大切なのは「その後」です。楽になった次には、その状態を維持できるように心がけることが最も大切になります。

そこで、私は必ず自分でケアするポイントをお伝えしています。

いくらすぐに楽になったと言っても、また同じ日常に戻れば、痛みを誘発させる材料がたくさんあるので、初めのうちは戻りやすくなっているものです。

ですので、できるだけまた痛みで悩むことを繰り返さないためにも、施術の結果見えてきた「その人のケアすべきポイント」をお伝えいたしますので、最初のうちだけでも面倒くさがらずに自己ケアもおこなうようにして下さい。もちろん簡単な方法だけをアドバイスしますのでご安心下さい。


整体と聞くとバキバキ痛いことされるものだと思っていませんか?

腱鞘炎は整体治療で改善

体が弱っていると心も弱ります。心が落ち込んでいると体も元気になれません。整体では、体の弱り、緊張、滞りに対してアプローチし、元気で軽やかな体と心を取り戻す施術をおこないます。


手首の痛みや親指・肘などに対する当院の施術法は「整体」ですが、整体と聞くと物凄く荒い治療で痛そう~、怖そう~と思っていませんか?


ご安心下さい。整体でイメージされがちなバキバキ・ボキボキと荒い治療はおこないません。施術法はいたってソフトで優しいものです。


いろいろとお話ししながら施術することが多いので、ぐっすり眠ってしまうことは少ないですが、私が少しおしゃべりを止めると、ウトウトとしてしまう方も少なくないほど低刺激で心地よいものす。


病院では腱鞘炎や手根管症候群など、難しい診断をされ、治療を続けて来たけれど
それでも一向に痛みが改善しなくてお悩みの方は、手術を考える前に、是非一度、当院での整体をお試し下さい。

手首の痛みや親指の付け根の痛みなど、他ではあまり対応して貰えない痛みに特化した技術を提供することが出来ます。

↓料金や所在、よく頂くご質問などのページもぜひご覧下さい

先生って、どんな人?
整体院の場所や料金のことが知りたい
よくいただくご質問

 自分でおこなう腱鞘炎対策ツールはこちら(通販専用)


手首・親指・肘の痛みはお任せ下さい
完全予約制
06-6304-0186
 受付:午前9時~午後7時(日祝定休)
アステル心身調律院
代表者:山下 剛
大阪市淀川区十三東1-18-28-201


大きな地図で見る


コンテンツメニュー
 トップページ
 先生って、どんな人?
 料金・アクセス(地図)
 よくある質問(Q&A)
 自宅で腱鞘炎対策!
 ご相談・お問い合わせ
 ※お気軽にメールをご利用下さい。
 


腱鞘炎のメディア実績

【日本が元気です】
腱鞘炎の取材
「日本が元気です」に掲載。取材に女優の大場久美子さんがご来院。

手首痛の掲載誌 掲載誌2
【主婦の友社】発行の「健康」

腱鞘炎の掲載誌3 掲載誌4
【マキノ出版】発行「安心」特別付録

月刊武州路/新潟バイタリティー
手首の痛みの掲載誌5 親指の付け根の掲載誌6

■「味の手帳」「日々新聞」「すこやか」
 「夕刊フジ」・・・その他多数掲載

施術の流れ

【受付です】
カウンター
アロマの香る癒しの空間でお出迎えいたします。一見、治療院とは思えない白を基調としたナチュラリーな空間です。
↓
受付カウンターを横切って・・・
廊下
待合室は廊下奥になります。清潔スリッパに履き替えて頂き、そのままお進み下さい。
↓
【待合室です】
待合室
リビングのような待合で、まずは一息ついて下さい。専用のチェックシートに今日お悩みのことやご相談を書いて頂きます。
↓
【カウンセリング】
カウンセリング
初めての方はお悩みをしっかりお伺いしながら状態をチェックしていきます。緊張するなと言っても初めてだと緊張するでしょうから(苦笑)その緊張も楽しく解きほぐしながらお伺いいたします。
↓
【心地よくて不思議な整体】
手首の痛み治療
全身トータルでケアするため、そのときだけの効果ではなく、日増しにジワジワ調子が上がっていきます。
↓
【お疲れ様でした~】
腱鞘炎もスッキリ
毎日頑張るあなたの心身を、心を込めて癒します。元気な笑顔になって頂くことが私たちの願いです。

皆様からのお便り
S様
S様と一緒に





(ookita様)
「前にならえ」をしてみて、手首が上がらなくなっていることに始めて気付きましたし、今まで、触っても見なかったような思いがけないところにその痛みの根があることを実感して、驚きました。
(清水様)
二週間も経たないうちに、手首が動きはじめ、それからは、「ゆっくりではあるが改善している!」という実感を持てるようになりました。

しかしながら、それでも手首の一カ所だけは痛みが全く引かず、「やはり相当長期戦を覚悟するしかないな」と思っていたのですが、なんと今朝起き出した時、いつも感じる痛みがなかったのです。

驚いて手首を動かしてみたところ、角度によっては痛みが感じられるのですが、その痛みがいつもと違って遠くに感じられるのです。

「治る!」ということを、身体が教えてくれているように思えました。

たった一ヶ月でこのような大きな変化が起こるとは思っていませんでしたので、本当に驚いています。

まだ完治とは言えませんが、完治するという確信を持てるようになりました。今後も何かありましたら、ご指導を宜しくお願いいたします。先ずは御報告と御礼まで。
Mさま
M様と一緒に





(斉藤様)
こんにちは!5月の連休中に手首を痛めてから約2ヶ月ちょっとになります。今までにない不安を感じながらの毎日を過ごしておりました。

今、昼休みに毎日テニスをしていますが7/6突然痛みが取れ,以前の間隔が戻ってプレーができています。

それは2ヶ月ぶりでしたのでした。うそのようでした。不安がいっぺんに飛んでしまいました。

お陰様にてほぼ完治の状態を迎える事が出来ました。

私のモットーである「プレーしながら治す方法」は先生のメールにて非常に励まされました。勇気付けられました。ありがとうございました。

何事にも歳をとっても「まだまだ」という気持ちで今後も取り組んでいきたいと思います。

完治まではもっと日数がかかるか?もう治らないのかとも・・・。思ったりしました。いまは晴れ晴れとした気分です。ありがとうございました。
(近原様)
ご丁寧にありがとうございます

今、聞いたら少しましになり、試合にも出られそうなので、又、痛くなったら是非お願いします。ありがとうございました
(小林様)
痛み対策メ-ル6回も頂いてる、小林○○です、おかげ様にて、腱鞘炎も、大変良くなりました。

痛みのツボも本にてわかりやすく、説明されてて、気軽に、出来、痛みも、三日位から、和らぎまして、今現在、ほとんど、痛みを感じることなく、大変嬉しく、感謝の気持ちで、一杯です。本当に有難う御座いました。まづは、お礼まで。
Nさま
N様と一緒に





(森田様)
お忙しいのにご丁寧なメール有難うございます、幸い私は何事もプラス思考の性格と、何よりも人の体の治癒能力を強く信じて良いと思ったことは継続し、成果を出して来ました、

以前、手首の痛みのときもお世話になりすっかり完治しました、継続は力、大好きな言葉です、

皆様同様頑張ります、これからも宜しくご指導ください、有難うございました。
(MM様)
テニスを再開したところ、ほとんど支障ないことが分かりました。ただ、上述したとおり、無理をすると痛みが戻ってくることがあります。だから、無理をしないようにと心掛けています。



HOME先生って、どんな人?料金・アクセス(地図)よくある質問(Q&A)ご相談・お問い合わせ

手根管症候群 診断 ケア 予防 腫れ 炎症 痺れ 痛み 肘 痺れ 治療法
尼崎の美容室 糖化 小顔矯正 整体 ヘッドスパ
 
Copyright© 2013. All rights reserved.手首の痛み 腱鞘炎